いん⇔あうと計画

右脳と左脳の間。煩悩と思考の旅。

5年目のメルカリが言い訳しないで改善しないといけないコト

最近良くも悪くも話題になってるメルカリについて個人的にこうした方が良いと思うコトをざっくりまとめてみました。

 

邪魔くさい「〜様専用ページ」とそのヤバさ

トップページや検索で現れる「〜様専用ページ」特定の一人しか利用しないのに全体のページに表示する意味。さらに商品画像や説明がなかったりするのも少なくありません。それなのにメルカリはよく出品許可するなって感じます。

f:id:yuhopper:20170822133607p:plainf:id:yuhopper:20170822134258p:plain

(こんなのが許されるのがメルカリ。)

商品画像が「壁の写真」で説明がないものが売買されていますが、例えばこれが麻薬や脱法ハーブなどの法に触れるものを売買していた時に運営側は「最低限のチェックはしていた。」と胸張って言えるのでしょうか? 黙認してると思われないでしょうか? 商品画像がなく、説明もない不透明な商品の出品を認めているメルカリの責任は重いと感じます。

 改善するなら特定の個人間取引システム「お取り置きモード」みたいな感じで、ユーザー同士がSNSでやりとりしているんだろうから限定URLで商品ページに誘導して売買する。そして運営側はその商品の画像や説明はしっかりチェックしたら良いんじゃないでしょうか?

(後者なんてあたり前のことなのに書いてて頭が痛い。)

 

検索対策している商品のウザさ

ブランド別で開いたページの最初に違うブランドってヤバくない?

「Aが見たいのに初めからBもCもDも出てくる」ってユーザーはストレスにしか感じないし、「欲しい商品があったのにたどり着けないから検索するのやめた」なんてこと絶対にあってはいけない。

フリーワード検索で「Beats」と打ったら、「Beatsのイヤフォン(ブランド・カテゴリー別)」の候補が出たのでタッチして表示されたのがコレ。

f:id:yuhopper:20170822135035p:plain

(赤枠で囲っている商品はBeatsではありません。)

二段目からBeatsではない商品が…。

青いイヤフォンの商品を見るとこんな感じで検索対策されています。

f:id:yuhopper:20170822141408p:plainf:id:yuhopper:20170822141418p:plain

(赤枠が検索対策。ノーブランド商品を販売している業者がぬかしよる。)

「商品の情報」のブランド項目に堂々と違うブランド指定したりと、絶対売りたいマンの横暴が過ぎますね。

 

手抜きのウェブブラウザ版

スマホアプリがメインだからかウェブブラウザ版がテキトーすぎて調べにくいったらないです。

ブランドの種類が3つしかない(ように見える)

f:id:yuhopper:20170822145505p:plain

(カテゴリー欄のように「その他」くらいつけなよ。)

「ブランド」をクリックするとブランドの一覧ページが出てくる。最初気づかなかった。

カテゴリー欄とブランド一覧の整合性がとれていない

f:id:yuhopper:20170822145451p:plain

(ぶっちゃけどうやって調べて良いかわからなくなった。)

カテゴリー欄には「家電」の項目があるのにブランド一覧にはない。「家電」の中の項目に属してる「オーディオ機器」のブランド一覧はアプリでは存在するのにウェブブラウザ版は存在しない。謎。言っててこんがらがってきた(笑)

 

ヤバい出品の数々

ちょっと調べただけでこんな感じで出ます。

詐欺っぽい商品

f:id:yuhopper:20170822131954p:plainf:id:yuhopper:20170822132015p:plain

(純正の商品写真なのに純正品ではない…。うーん哲学。) 

根拠のない商品

f:id:yuhopper:20170822133144p:plainf:id:yuhopper:20170822133204p:plain

(アホくさい。飯食わないでお茶だけ飲んでたのかな?)

 検索で「下着」って打つと候補が笑える

f:id:yuhopper:20170822133924p:plain

ブルセラかよ。)

検索候補上位が使用済み下着って…。こういうのって検索候補に出ないようにしないんですかね。

 

その他改善した方がいいと思うコト

  • 現金化するまで面倒くさい。
  • 規約違反によって削除された商品が検索結果に残っている。
  • ユーザーページのカスタマイズ(ヘッダー画像など)の乏しさ。
  • 年間出品数が多く、「業」と見られてもおかしくない一般ユーザーに対する警告や制限はあるのか。
  • 業者が存在することを認めて「特定商取引法に基づく表記」を促しているのか。
  • 一般ユーザーの圏外飛ばしと業者なのに飛ばされないアホな仕組み。

 

さいごに

インターネット上のサービスでユーザーがルールや法律を守らなかった時、運営側が批判されることがあります。その時によく耳にするのが本来の意味とは違う「性善説」、「性悪説です。この場合、「ユーザーの良心に任せた・依存した運営やサービス」という批判になります。

ですが「より良いサービス、生活を豊かにする目的のために初めたサービス(ビジネス)は悪なのでしょうか?」

メルカリは「フリーマーケットの楽しさをネットで作りたい(ガッポリ儲けたい)」ということから始まったと思います。

と、まあ庇うのはこれぐらいにして、叩かれるような運営はしているなと(笑)

利用者にはどうしてもクソ野郎がいます。ネットリテラシーが乏しい若者なら尚更です。問題が起きた後の適切な処理や起きる前に未然に防ぐアイデアや情報。またそれらをテクノロジーと結びつけて解決することが大切ですね。

 

P.S. メルカリは成果主義らしいんですが、やらないといけないことに目をそむけ過ぎじゃないかなと思います。だって一回も使ったことない私がこれだけ指摘できるんだからね。

 

メルカリだけ叩いて「性善説」の使い方間違えてるクソみたいな記事

diamond.jp

 

今聴いてる曲

FASHION ♪ DAOKO