いん⇔あうと計画

右脳と左脳の間。煩悩と思考の旅。

BeatsXを語りたい 〜発売の話から細かなレビューまで〜

4ヶ月の延期を経て、BeatsX発売がやっと発売

いや〜長かった(笑)

2月6日の深夜にニューヨークのアップルストアの店舗受取にチェックマークが入って飛ばし記事が出まくる。元から商品ページがあったので、店舗入荷のタイミングでバレちゃったんでしょうね。

その後2月8日になぜか共同通信PRワイヤーで発表。4色展開でホワイトとブラックは2月11日〜4月11日までアップルとauで先行販売。グレイとブルーは2月18日から。

2月10日の17時からアップルのオンラインストアで予約が始まり、auのオンラインショップは2月11日の10時から。

auショップではフライングで予約開始してたけど、入荷しない店舗もあってダメ。

Beatsは発売日の0時にメール送ってきてもっとダメ!(笑)

 

BeatsXが欲しかった理由

元々Beats製品は音や製品の質の評判が悪く、買うつもりはなかったのですが、Appleに買収されてBeats Pill+から製品が変わってきました。そしてBeatsXはAppleと共同開発で素材、機能、音質、デザインの厳しいチェックがあったそうです。

まあ、それなら大丈夫かなと(笑)

それにiPhone 7に替えてから有線接続がホント面倒くさい。Lightning接続で聴くならDAC搭載のイヤフォンで聴きたいとか有線接続で聴く目的が変わってきました

(前からイヤフォンジャックには疑問を感じてたので)

 

BeatsXを使ってみて

良かった点
  • Appleと共同開発(素材、機能、音質、デザイン)
  • 急速充電(Fast Fuel、W1チップ)
  • フラットな音質(5点満点で高音 4.1点、中音 3.9点、低音 3.8点)
  • Class 1の電波強度
悪かった点
  • 左側にリモコンがある(EarPodsは右側)
  • 耐水性についての記載がない
  • マグネットによるオン・オフがない
  • イヤーチップがMサイズしか合わなかった
  • ケースが小さい、あとケースが小さい 

 

音質はそこまで悪くなく、平均的に4点ぐらいだと感じました。インタビュー記事にも書いてあった通りマイクロベンチレーション(空気孔)が効いてると思います。またイヤーチップの装着具合によって変わるので耳のサイズにちゃんと合わせた方が良いです。ウィングチップもありますし。

耐汗・防沫機能はPowerbeats3 Wirelessにはありますが、耳掛け型は耳が痛くなるのでBeatsXにも欲しかったです。あとiPhoneの純正イヤフォンはリモコンが右側についてるため、左側についてるBeatsXにちょっと違和感がありました。個人的には右側が良かったかな。

タッチノイズはあります。ただボリュームを上げて聴いてると気になりませんし、騒ぐほどではないと思います。ケーブルは長いと感じませんでした。首にかける時にロングヘアーやアフロなど様々な髪型・服装に対応したための長さだと思います。

ケースは小さいから使うことはなさそうです。入るんだけど超ピッタリすぎる。そしてやわらかい。普段は首から掛けてることが多そうだけどないと困るかな。mophieのバッテリー内蔵イヤホンケースが良さそうだけど、39.95ドルがこんなに高くなるとは…。もしくは安くてカラーバリエーション豊富なZERO AUDIOのイヤホンケース。けど両方サイズが気になるから実店舗で置いてるところないかな〜。

 

 (クリックするとアマゾンのサイトが開きます。)

ZERO AUDIO イヤホンケース「BANECHO」メッシュドブラック ZA-BN-MBK

ZERO AUDIO イヤホンケース「BANECHO」メッシュドブラック ZA-BN-MBK

 

 (クリックするとアマゾンのサイトが開きます。)

 

Bluetooth接続時の名称変更について

BeatsXを接続すると「(名前)のBeatsX」と表示され名前バレします。嫌なので「BeatsX」のみに変更し、再接続するとまた「(名前)のBeatsX」に戻ってました。どうやら「BeatsX」だけだと強制的になるみたい。なので「Beats BeatsX」にしてます。

 

買うなら今!

Apple Musicの3ヶ月フリートライアルのコードが同梱されています。これがちょっと面倒くさく、Beatsに製品登録する際にそのコードを入力することでiTunes Store用のコードが貰えます。

私はApple Musicに入ってるのでどうなるのかな〜っと思ったら、iTunes Storeに2,940円チャージされました。個人メンバーシップが980円なので3ヶ月分ですね。Apple Musicに入っているからなのか、日本向けの対応なのかわかりませんが、BeatsXを実質13,044円で買えるなら全然アリだと思います。

 

この記事を読むとわかりやすいです【2月18日追加】

【豆知識】BeatsXなどBeats製品を買うと付いてくる「Apple Music 3カ月無料クーポン」を、アプリ購入などに使えるiTunesコードとして受け取る方法

 

最後に

BeatsXは紛れもなくApple Music、iPhone 7ユーザーのためのBeatsですね。今は4色展開ですが、(PRODUCT)REDモデルは確実に出るでしょう。あとBeats Updaterというソフトウェアで今後製品をアップデートできるので手に入れた方はダウンロードすることをオススメします。ちなみに現在のバージョンはBeats Updater(macOS版)が3.1.0BeatsXは6.7.0ですよ。

 

P.S. 好きだった某ユーチューバーが鼻に突っ込んでしょうもないレビューしてました。悲C。このぐらいは調べてモノ語れよ…。

 

購入するまでに読んだ重要な記事

prw.kyodonews.jp

japan.cnet.com

getnavi.jp

 

今聴いてる曲

Chunky ♪ Bruno Mars